【北行庵】
旅行写真集|バルカン4カ国 9日目( 2009.05.27/ No.01 )
世界遺産、プリトヴィッツェ湖群国立公園
◇◆◇
カルスト山地の谷に出来た16の湖と大小合わせて100近くの滝(水量で数は変わる)が連続する素晴らしい景勝地です。ユネスコの世界自然遺産でもある。

プリトヴィッツェ湖群国立公園の最も北の入口

ユネスコ世界遺産の碑(1979年登録)

左の奥深く16の湖が続く。左下はサスタヴツィ滝、右上はヴェリコ・スラブ滝(公園内で最大落差)

サスタヴツィ滝(ズームを効かせて撮影)

クロアチア最大とされる落差78mのヴェリコ・スラブ滝(ズームを効かせて撮影)滝壺も写っている

ヴェリコ・スラブ滝への途中、マスが多い

サスタヴツィ滝の落ち口(左側)

湖上の鴨、近くにマスもいる

洞窟(1)

遊歩道と湖の境界に出来た滝

洞窟(2)

きれいな水、沢山の滝、木々の緑、石灰岩の白、残念ながら青空ではなく曇でした

ミルカ・トルニナ滝(と思いますが?不確か)→

プリトヴィッツェ保存協会に資金提供したミルカ・トルニナ

可憐な野バラ(1)

可憐な野バラ(2)

珍しい黄色のアザミ

コジャク湖のフェリー(100人乗り、電動なので環境に良い)、北岸のフェリー乗場近く

コジャク湖のフェリー桟橋(上流の湖と滝の散策・開始)

対岸のフェリー発着場(宿泊ホテルの近く)

滝が落ちるままに成長する植物

再び沢山の湖と滝を見ました。きれいな水です
水草の湖面
水草の生えた湖面

園内のバス乗り場、STOP-3

3両連結の珍しいエコバス、STOP-3 に到着
◇◆◇

Page▲Top
inserted by FC2 system